フルカネルリ

右京のヲタク人生ライフログ。

インコアイス

インコアイス


インコを口に入れたような風味のインコアイス3種類があると聞いてずっと食べてみたかった。

兵庫県は遠いなーと断念していたけど、渋谷でも売っているって知って行ってきた( ´ ▽ ` )

西武渋谷店 A館地下1階 西武食品館 諸国銘菓

で取り扱ってるということで行ってみたけど諸国銘菓をくまなく探してもない!アイスだからその辺に置いてあることはないと思うけど一応すみずみまで確認…ない。

期間限定だったのかな…と諦め半分でレジで聞いてみたら

店員「あ、ありますよ」

といって奥から持ってきた(笑)

え!?言わないと出てこないの!?!?!?

聞いてよかった~><


無事アイスをゲットし、食べてみたところ鳥臭さは全くなくあっさりしていてフルーツグラノーラ的なものが入っていて美味しい。

夏に食べるとさっぱりして食べやすさ抜群かも。



興味のある方はぜひ!
スポンサーサイト
  1. 2014/03/15(土) 13:57:57|
  2. 通常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

妖怪アパートの幽雅な日常

妖怪アパート 腐向け 長谷×稲葉

児童書の妖怪アパートがとてもいい感じ(笑)

主人公の稲葉君が純粋すぎて、親友の長谷君がマジイケメンじゃ片付けられないチートぶりで美味しい( ´ ▽ ` )ほほほ

あさの先生のバッテリーやNo.6が好きな人は妖アパ好きだと思う!
小説もマンガも出ていて、私は冒頭はマンガから入って今小説です。


↓マンガはこの表紙!
妖怪アパートの幽雅な日常


児童書…?っていうのが割と多い気がするで気になって定義を調べてみた。


児童文学

児童文学(じどうぶんがく)は0歳から10代、概ね12歳頃までのローティーンの読み手や聞き手を対象にした文学作品およびジャンルであるが、ハイティーンまでを範疇に含む場合もある。イラストレーションが添えられている場合が多い。

この語は娯楽性に重きを置いているエンターテイメント作品群であるヤングアダルト小説(ライトノベル)や漫画などの他のジャンルと区別する形で使われる場合もある。明確に子ども向けに作られた書物は17世紀までには既に存在していた。児童文学の研究のための職業団体、専門の出版物、大学の専攻課程なども存在する。国や世代を超えて読みつがれる名作や、幅広い世代に受け入れられるベストセラーやロングセラー作品が数多くある。

日本においては、子どもを対象としたフィクションの文学ジャンルについては、童話という用語が使われていることが多い。だが、空想的なお話というジャンルとしての用語として使われることもあり、昭和時代以降は、広義には児童文学が使われるようになっており、童話に関しては、年少者向けという狭義の意味合いで一般には流布している。出版社や出版業界では、こうしたものや絵本を「児童書」と呼んで扱っている。
(wikipediaより抜粋)



あさの先生、香月先生作品を読んだ後だと「なるほど、わからん!」ってなるね(笑)
大人が読んでるからそう思うだけで子供が読んだら純粋に青春友情ストーリーなのかしら。
年を取ると感じ方が変わっちゃうものね(^O^)


追記よりコメント返信 [妖怪アパートの幽雅な日常]の続きを読む
  1. 2014/03/06(木) 11:59:58|
  2. 通常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0