フルカネルリ

右京のヲタク人生ライフログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アメリカ旅行~中編~

アメリカ旅行~前編~
アメリカ旅行~中編~



グランドキャニオンへ行く途中、ルート66でカーズ聖地巡礼。





karzなんだね。
carzじゃなくて。

カーズいたよ~!

思ったよりボロボロに破壊されつつあるキャラ達だった~!







車のフォルムとかもうちょっとがんばってくれ~~~~~






お昼はグランドキャニオン近くで食べたんだけど、「標高が高すぎて(水の沸点が低くなるから)麺を茹でてもご飯を炊いてもすごく不味いんです!美味しくなかったでしょ~?」って情報もらってから食べたけど、うん…。(察し顔)


グランドキャニオンは国立公園。





写真で見たことあるけど、生でみるのは全然違うって初めて思った!

スケールすごい!


写真じゃ全然伝えきれてないじゃん!!

って思った矢先に写真撮ったらイチミリも凄さが伝わらなそうな写真が撮れました。








人がゴミのようだ…(ムスカ)



ここのリスはまるまると太ってるし踏みそうになるけどどんだけ良い暮らしをしているのだろうか


写真だと全然伝わらないけど生のスケールが本当にすごいのでもしアメリカ行く機会があればぜひ立ち寄ってみてほしいです。





さよならラスベガス、そしてまさかの事件へ…………。

ラスベガスの楽しかった思い出を胸にアナハイムへ飛び立つ準備をしていた時、洗濯した下着が乾いてないことに気づいてドライヤーで乾かしたんです。。。

私はただ下着を2着ドライヤーで乾かそうとしただけなのに…………!

2着ともポリエステル素材でドライヤー強すぎて余裕で溶けた
でも使えるから使うぞ~~~~~~

溶けて固まったポリエステルが固くなって服を内側からボリボリにしてくるんだけど、滞在期間長かったら服の胸の所穴空いて変質者に早変わりだったんじゃないかってヒヤヒヤだった!(新しく買うにもアメリカンはサイズが合わなすぎるし)


も~~~お金溶かした事より下着溶かした衝撃のがでかい



空港の待ち時間にスロット回しながら下着溶かしたことをピーピーピーピー話してたら
スタッフさんに「そこやめてこの台にしなよ!絶対当たるから!!」って感じ?(英語わからないから)で強引に移動させられた台
がめちゃめちゃ当たってて、カウンターの向こうで何か操作してるのでは…?って感じなんだけどどういうシステムなの…???
(今思うとスロット外れまくってピーピーピーピー泣いてると思われてたのかな?)

搭乗時間も近づいてきたのでスロットやめたけど、ご厚意で勝たせてもらったことでラスベガスで溶かしたお金とトントンくらいになってしまって………………

結果溶かしたのは私の下着だけ。。。。。

こんなオチ要らない


スポンサーサイト
  1. 2017/08/24(木) 21:34:06|
  2. 通常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アメリカ旅行~前編~

アメリカ旅行~前編~
アメリカ旅行~中編~

熊谷バーニングマン自転車ロードレース大会の翌日、いにしえの腐女子の常識と思われる
「受けが闇オークションで競りにかけられてないか」
を確認すべく、遠路はるばる海を渡ってラスベガスに行って参りました。

ラスベガス

ラスベガス市内は、もし闇オークションにアジア人が出品されることになったらその界隈ですぐに噂になって攻めちゃんは容易にオークション会場を突き止められそうだなってくらいアジア人少ないですね。

ラスベガス

アジア系をあまり見ないのは最近ラスベガスへの直行便がなくなりアジア系の観光客が極端に減ったらしいので、やはり現代は前にRTで見た「受けがネットオークションに出品される」世の中へシフトしていくのでしょうと考察しました。(参照元忘れました)


ちなみに、商業誌でよく読んだ
受けが闇オークションに出品されるネタ
そのままももちろん好きだけど
攻めがうっかり出品されて金持ちのスパダリ(受け)が堂々と競り落としてくれる
方がドストライクです♥


 脳内ふわふわした気持ちでホテルに着き、トイレにいったら詰まってて…水が…水が……流せなかった…
フロントに電話しても英語がちんぷんかんぷんすぎて
闇オークションで競りにかけられてる受けの心配してる場合じゃなかった…。

これが妄想と現実のギャップですよ…世知辛い世の中だ(遠い目)

助けてツイッターランドの仲間たち!ってhelpしたら仲間たちがちゃんと即レスくれて
(オイオイ、本当はみんな遊びに来てるんじゃなくてツイッターランドに住んでるんじゃねーの!?)
「オラ、アメリカでも生きていけそうだぞ!!」
って大きくなった気持ちで翻訳やらついった仲間の知恵袋やらを駆使し、フロントに電話。


My room's toilet clogged. Help me.
(私の部屋のトイレが詰まりました。助けてください。)



大きくなった心で強気に翻訳画面を読み上げる私。


困る相手。


そう、なんとなく伝わりそうな簡単な英語ではあるが私の発音が底辺 オブ 底辺すぎたようで電話の相手にこんな簡単な英語ですら伝えることができなかったのだ。

しびれを切らした相手が何かを言って電話を切ったのだがなんとなく私にはわかった。

埒があかないから直接部屋に来てくれる、と。

言葉は通じなくても心が通じた(気がした)のだ。


なので一緒に旅行に来た相手にはすました顔で「部屋に来てくれるっぽい感じだった」と伝えた。

ここで誤算だったのが、相手も私と同レベルの英語力で、英文ならなんとなく読めるけどヒアリング壊滅的だとタカをくくっていたのに、英語は読めないけどなんとなく会話はできる系の人間だったのだ…。

つまり、私の電話の対応を残念な人を見る目で見守っていたのだ!!!!(喋れるなら先に言ってくれよ…!)


少し待つと予想通りホテルの人が部屋を訪ねてきて、現物確認して道具取りに行って・・・直してくれた!!!!!!



よーーーーーーっし!
トイレ事件をなんとか解決し、お昼を食べに外出したら外は雨…?
(ぶっちゃけ至るところで散水しまくってるからよく分からないし、散水の方が雨レベル高い)

「ラスベガスでは365日中360日は雨降らないんですよ~、降ったとしても小雨くらいです。珍しいですよ~!」
ってガイドさんに言われても

雨より散水の方が降水量多くない???

ってつっこんでいいのかつっこみ待ちかもモヤモヤしたけど英語でツッこむっていう高度な技術持ち合わせていないので黙りました。(自然の成り行き)



仮面やドレスコードのない観光客向けカジノ見学をしたので闇オークション系カジノのような重さのある空間は存在せず、ゲームセンターを上流階級にしたような感じ。


商業義務教育でよく勉強した「高いカジノで遊んで莫大な借金を背負って~」
は一昔前で、現代は
「観光客向けカジノに立ち寄って遊んでるうちにいつの間にか裏側へ引きずりこまれてることに気づかずに………?」
って展開のがしっくりくる感じなのかな?(昔から割とあったっけ?)



そうなると高額落札してくれる攻めちゃんは軽めのカジノこないから「あぶなっかしいと気になってみてるうちに…」って一目惚れイベント発生しなくなるんだけどうするのかしら???

気まぐれで庶民のカジノに足を運んだ石油王の話になるのかしら…?(読みたい)

この解答わかる人、解説という名の作品作ったら(見つけたら)DMでもリプでも待ってます、ありがとございます♡
(先にお礼を言うスタイル)



あと、ガイドさん情報でラスベガスの平均年齢は50歳くらいらしいのでモブおじ産業が流行るといいですね!!(期待!)




カジノはゲーム機で遊ぶよりディーラーさんがいるカードゲームやルーレットが見てて華やかだよ
観光地カジノは1円パチンコみたいに1ドルから遊べるのでほんと気軽!


ディーラーのいる場所の掛け金高いところは人だかりがすごいからすぐわかる❗
普通にエンジョイしてるところは少人数で飲みながらのんびりやってる。


それからこれはネットの知識なんだけど、ディーラーがやってるところでけっこう勝たせてもらったらディーラーさんに勝ち金の何割かをチップであげるのがマナーらしい。


「勝たせてくれてありがとう」ってディーラーにチップ渡した金額が、勝ち金の比じゃないくらいの額でディーラーが「え!?」って顔を上げるとお客さんはディーラーさん買う気満々でカジノのオーナーに大金渡して話つけて「据え膳食うのもマナーかと」って涼しい顔して持ち帰っちゃうような話もアリだね。

はぁ~~~~~百聞は一見に如かず~~~~




ラスベガスのホテルは全部のホテルの1階がカジノになっていて、ホテル毎にテーマがあるのでいろんなホテルめぐりが楽しい。
めっちゃ好みだったのはパリモチーフのところで、天井に空が描いてあってパリの街中に青空カジノ教室が展開されてた!



これ本当に青空教室だったらすっごいよね。
 
ここのバフェ(食べ放題)がとても人気らしいので食べました!




パリの街中にバフェ台があって、街中や建物の中で食べることができるのでアメリカに来てるけどおフランス気分♪



ちょっとずついろいろ食べたかったけど1個1個の量がすごかった。。。確かに美味しかったけど。


ラスベガスはカジノを中心に栄えていて、カジノで収益が見込めるから宿泊料はどこも安く、カジノの合間に好きなときに行って好きなだけ食べられる食べ放題制度が主流になったとか。

食べ放題かファーストフード系しかないのはなんでだろう?って思ったけど納得❗


だからもし、闇オークションで落札られた子にコース料理のようなものを振る舞うシーンがあったらそれはどっかの高級店ではなく自分家の別荘的な場所で専属コックに作らせてるってことだと思うのでよろしくお願いします。


ご飯時間をできるだけ拘束せず、部屋もMAXに電気つけても暗いから外行こうって思わせてできるだけカジノで遊ばせる作りに街全体がなっているみたい。

当然ながらギャンブルやりにきてるので街中でロード乗ってるような人は1人も見かけなかったけど柱にはロードたくさん走ってた。




ダウンタウンも行ってみよう!とバスに乗ろうとしたらバスの券売機の使い方がわからないまま100ドル札を突っ込もうとしたのに券売機が壊れてて入らなくてバスのことを調べてたら券売機に「お釣りはでません」ってかかれてたようで気づかず2人で16ドル使うところ100ドル吸い込まれてたらヤバかった………。(参考にしたサイト)

無知って恐ろしい…!

券売機壊れてたのグッジョブ!!


ダウンタウン!


いろんなパフォーマーがいて、一番気に入ったのはドリンク売ってるお姉さんがお客さんこないからテーブルの上に乗って踊ってたやつかな。



一番気になったのは天使のようなおじさんかな。




アーケードの天井がスクリーンになってて映像が流れてるの楽しかった!





あとアーケードの端から端まですべってる人もいて純粋にお祭り気分♪


  1. 2017/08/16(水) 21:47:57|
  2. 通常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。