フルカネルリ

右京のヲタク人生ライフログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1/10 甘詰留太先生サイン会

甘詰留太先生のサイン会へ行ってきました。

サイン会の情報を友人に教えてもらって、別日に配布される整理券も入手してもらって。
本当に感謝してもしきれない、ありがとう~!!

サイン会へ行くことが初めてなのでどういう準備をしたらいいかがわからず
とにかくファンレターを書いてみよう、と人生初のファンレターを書きしたためることを決意。

一方的なお手紙って何書いたらいいのかわからくて筆が進まない。
先生の作品の感想を書こう!と思って思い返してみても読んでるときはいろいろ感想を抱いていたはずなのに読み返す度に

「ヤバイ」「尊い」「可愛い」「神…!」

って語彙力低下しきった感想になってしまって手紙にこの4単語書いて渡したら何の推理ゲームのヒントだよって感じになるから
これなら渡さない方がいいかもって頭抱えたりもした。

せっかくご本人に会えるのでやはり手紙書かなきゃ!っと自分を奮い立たせ、書きださないと前に進めないふんぬ~~~~~!!!!ってとにかくペンを滑らせはじめてみると案外かけるかける!
いいぞ自分、その調子!!!!

先生の作品との出会いから書き始め、あっという間に数枚書き終わり読み返してみる。
あれ?これファンレターじゃなくて走馬灯かな???
何がいけなかったのかな?出会いから今までを書いたから?それとも文章能力の問題???
盛大に頭抱えてしまった(二度目)

いろいろ(自分自身に)問題があった気がするけどなんとか手紙が書き終わり、サイン会の準備バッチリ。



そして迎えた当日。
サイン会会場の本屋へ行くと先生がサインしてた~~~!!!
生の先生~~~~!!

すっごく緊張した。

エロ漫画家さんなのでサイン会に来てる人は男性が多いかなって思ったり、偏見だけどスケブ文化(サインとは分野が違うけど)は女性の方が多い印象なので女性多いのかなって思ったり。
緊張の中整理券番号順に並ぶと男性の方が多くて女性も思ったよりいました。

整理券

並んでる間整理券に先生へ一言書こうと思ったけど生の先生を見たらまた語彙力低下現象に頭悩まされ「大好きです」ってしかかけなかった~(泣)
走馬灯ファンレター書いてきてよかった~~~!!!

サイン会ってサインだけだと思ってたら○○さんへって名前も入れてもらえるし、好きなキャラ書いてもらえるしでも~~~なんなの先生最高!!!

自分をご自愛ください!!!

ありがとうございます!!!!


先生と対面して緊張して何も喋れずいたら、先生の後ろに立っていた編集さんかな?

「ナナカオはいつくらいから知ったんですか?」
「年上ノ彼女で出会ってそこからずっと大好きなんです~」
「おぉ~じゃあ10年選手ですね~!」

ってアシスト出してくれて親切~!!(感涙)


先生の生で描いてるところ見れて一人持ち時間3分くらい?
先生本当にご自愛ください~~~!!!
何百キャラ描くんですか~~!!!

そして知ったのが先生は目から描くんだなぁ、と。
私の中の神作家に殿堂入りしている小畑健先生も目から描いているし、神だなって思ってるとても絵がうまい友人も目から描いてるから絵がうまい人って捉え方とか凡人と違うのかな~って思いました。

先生になんとか愛を伝え、震える手で走馬灯レターを渡すことに成功。
別れ際には先生が握手をしてくれた~~~~!!!
握手できるなんて思ってなかったし、緊張して冬なのに手汗びっしょりで先生には申し訳ない。。。
乾燥の時期だから湿度大切ってことで許してください。

あ~~~もう手洗えない、わかる。
今まで「もう手洗えない~~~」って言葉に「いや、洗えよ」とか思っててごめん、こりゃ洗えないわ。

生で対面できてサインだけもらえるイベントだと思ってたら予想以上の収穫があったし、別件でも奇跡起きたし今年まだ10日しか過ぎてないのにこんなに幸せで私1年間生きていけるかな~~~(嬉泣)


余談。

カードキャプターさくら

ファンレターを書こうとレターセットを探していたらカードキャプターさくらのレターセットを発見。
懐かし~って思っていると私の目に飛び込んできたのは1996の文字。

1996…


今は2016年。

1996年って何年前かな~?


ちょっと計算が難しいな~?




不安なんだけどもしかして……20年前…?

すみません、全然難しくないってわかってた…20だね。

嘘だろ…?何の因果か奇しくも今日は成人の日。

このレターセットは成人式に参加してる人達と同じ月日を過ごしてきたというのか。
そういうことだ。

未来ある成人の20。

ふと気づくと手元にある遺物の20。


同じ20だというのになんだろう…この感じ。

綾波「ごめんなさい、こういうとき、どんな顔すればいいかわからないの」

シンジ「笑えばいいと思うよ」

私「笑えない」






スポンサーサイト
  1. 2016/01/11(月) 10:12:32|
  2. 通常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<本当に起こるとは思わないけど実際に身近に起こること | ホーム | ニューカレドニア【後編】>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ukyo405.blog102.fc2.com/tb.php/349-762821c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。